飲む日焼け止めで紫外線からのニキビ対策

飲む日焼け止めで紫外線からのニキビ対策

紫外線はニキビを悪化させてしまう原因となるので紫外線対策が必要です。

 

日焼け止めクリームには紫外線散乱剤か紫外線吸収剤と種類があります。

 

紫外線散乱剤は紫外線を散らすのでお肌の弱い方にむいていますが塗ると白っぽくなります。
紫外線吸収剤は吸収した紫外線をお肌の上で熱に換えるのでお肌に負担がかかります。

 

日焼け止めクリームではニキビ肌には紫外線散乱剤がおすすめです。

 

 

散乱剤クリームを使っても白っぽくなるのが気になるという方は色白効果の飲む日焼け止めがあります。日焼け止めクリームは塗ったお肌だけ紫外線予防となりますが、色白になるサプリの飲む日焼け止めはお肌全部を紫外線から守ってくれます。またお肌に直接塗らないのでお肌への負担がなくニキビも悪化しにくくなります。

 

しかし飲む日焼け止めだけでは紫外線を100%カットすることはできません。

 

ニキビを悪化させたくないのでなるべくお肌に負担がかからないようにしたいときは、帽子やサングラス・日傘などを、色白になるサプリの飲む日焼け止めと併用して使用した方がよいでしょう。