ブライトニングパインという成分とは?

ブライトニングパインという成分とは?

ブライトニングパインは飲む日焼け止めとして色白になるサプリに配合されています。
ブライトニングパインはパイナップルから抽出されたセラミドになります。

 

セラミドはお肌の角質層に約50%含まれているそうですが年齢とともに減少してきます。
また、セラミドの働きは、紫外線などからの外部刺激から守ってくれるバリア機能と乾燥を守ってくれる保湿機能があります。

 

ブライトニングパインにはフィトールという成分が含まれています。

 

 

フィトールとは、ブリタニカ国際大百科事典によると、クロロフィル(葉緑素)の分解によって得られる油状の液体のことです。
フィトールの効果は、メラニンの生成抑制とターンオーバーの周期促進になります。
お肌は紫外線を浴びると活性酸素が発生します。

 

活性酸素が増えすぎると、情報伝達物質が発生してメラノサイトに指令をだし、メラノサイトはお肌を守るためメラニンを生成します。
このメラニンがお肌の表面に現れますが、ターンオーバーによって排出されます。

 

しかしターンオーバーは加齢によって乱れてしまい、色素沈着の原因になっていましますので、正常なターンオーバーが大切です。

 

ブライトニングパインに含まれている成分の作用で、日焼けで紫外線を浴びたお肌に美白をもたらしてくれます。